お電話一本即日OK!

0120-769-739お電話受付時間 9:00〜21:00

見積もり・出張費用 無料 年中無休
追加料金なし 各種クレジットカードOK

コラム

今すぐやるべき生前整理!その意味とやり方カンタン3ステップ

 

生前整理とは?その意味とやり方を順番にご紹介します!

資産を生前整理

生前整理の意味を簡単に説明すると、自分が死んだあとに、家族に

  • 相続
  • 自宅の処分
  • 遺品整理
  • 葬儀やお墓

などで、迷惑をかけないように、自分が生きているうち(生前)に、それらを整理しておくことを意味します。

生前整理の範囲はかなり幅広く、やるべきことも人それぞれ違いますが、ここでは、一般的な生前整理のやり方を簡単に3ステップでご紹介します!

生前整理のやり方

生前整理は一人一人、状況によって変わりますが、

  1. 遺産相続に関する遺言書の作成
  2. 財産目録の作成
  3. 住宅関連の整理

を一般的に行います。

遺産相続に関する遺言書の作成して生前整理

遺産相続のトラブルは年々増加しています。まずは、遺言書を作っておくことで、家族が相続でトラブルにならないようにしておきましょう。

遺言書のその種類

遺言書を作る場合、方式は大きく、

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言

の3つがあります。相続税対策などは、できるだけ早めに手を打っておくと後で楽になります。

財産目録を作成して生前整理

遺言書の作成

次に、財産目録を作成して財産整理をしておきましょう。

簡単に言うと、自分に

  • どんな資産があるか
  • それらがどこにあるか

をまとめて記載したものです。負債がある場合は、その詳細も記載しておきましょう。

インターネットの発展で、「ペーパレス化」が進んでいます。便利な反面、自分の死後に、どこにどんな財産があるか遺族がわからい、といった問題も出てきているのです。

家族が、あなたの財産内容をすぐわかるように、財産目録を作成しておくのも、大事な生前整理です。

住宅関連の生前整理

死後の住宅問題も大きなポイントです。

  • 賃貸住宅
  • 持ち家

でも生前整理の方法は変わってきます。賃貸住宅の場合で、例えば孤独死などで建物に被害が出た場合、遺族に請求されるケースもあります。

家族が、

  • 連帯保証人
  • 相続人

のケースでは、原状回復費用や損害賠償請求が求められるのです。

相続人の場合、「相続放棄」で回避することもできますが、相続放棄した場合、「プラスの財産も放棄」することになります。

また、「連帯保証人はその責を免れる方法はありません」。こういったリスクを避けるには、「孤独死保険」といった保険で生前整理しておくとよいでしょう。

持ち家の生前整理

持ち家の生前整理をする

持ち家は、家族が自分の死んだ後も住み続けるのであれば、まだよいですが、「誰も住まない場合」は問題になるケースが多くあります。

「不動産が遺族の重荷となって負動産」というケースが実際増えているのです。生前整理で、自分の死後に持ち家をどう処分するか対応を決めておくことも大切になります。

いかがでしたでしょうか?今回の生前整理の他にも、いろいろな項目が生前整理にはあります。

「自分の死」を考えるのは、あまり気乗りはしないでしょう。しかし、ある程度元気なうちにやっておかないと後々ではできなくなってしまいます。

後に残される家族のためにも、今のうちから生前整理を始めることが大切と言えるのです。

少しでもご参考にしていただけると幸いです。

遺品買取は、みらいドアまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

お気軽にお問合わせください

0120-769-739
受付時間 9:00〜19:00

コラム一覧に戻る

お電話

メール

ページの先頭へ