お電話一本即日OK!

0120-769-739お電話受付時間 9:00〜21:00

見積もり・出張費用 無料 年中無休
追加料金なし 各種クレジットカードOK

コラム

福岡での遺品の供養はなぜ必要なのか。悔いないお別れのために

遺品供養のお炊き上げとは?料金や相場なども解説!

遺品供養とは、故人の残した遺品を供養するため、「お焚き上げ」を行うことです。

この、お炊き上げは、遺品整理の際に行うもので、故人が大切にしていたものを神聖な火で供養する、「故人の冥福を祈る儀式」でもあり、この遺品供養のお焚き上げを行うことで、遺族も悲しみから抜け出すための、「故人とのお別れの儀式」という意味合いもあります。

ここでは、そんな遺品供養お炊き上げについてまとめてみました。

遺品整理の始める時期は?

遺品整理は通常、49日の法要が終わってから始めるのが一般的です。ただ、

  • 住む地域や家の慣習がある
  • 住居が賃貸で明渡日が指定されている

などの場合は、慣習やその明渡日に合わせ、葬儀などの法事終了後に遺品整理を始めます。

遺品供養のお炊き上げをする遺品は?

法要
遺品供養を行う遺品は、通常、故人の愛用していた

  • メガネ
  • 寝具
  • 人形
  • 衣類

など、「故人の思い入れが強いもの」になります。ただ、故人が生前に残しておいてほしいと希望していた遺品は、極力処分しないようにしましょう。

遺品整理の片付け手順と方法

遺品整理を始めると、「何をどうすればよいか途方に暮れる」人達がほとんどと言えます。どこから片付けでよいかわからず、誰もが一度は遺品整理の途中でくじけそうになります。

遺品整理の片付けの詳細は、こちらに記載していますのでご参考にされてください。

遺品供養お炊き上げの方法

遺品供養のお焚き上げは、主に

  • 現場供養
  • 合同供養

の2つです。

依頼するのであれば、故人のお墓のある

  • 寺院
  • 神社

で行ってもらいますが、故人が信仰する宗派があれば、そこで遺品供養の依頼をしましょう。

現場供養

故人が住んでいた住居に僧侶が出向き、音教し供養する方法です。

共同供養

遺品供養したい品を預け、他の方が預けた品と一緒に供養してもらう方法です。

遺品供養お炊き上げの料金相場

お炊き上げの料金相場
遺品供養のお焚き上げの相場は、

  • 現場供養:約10,000円~20,000円
  • 共同供養:約5,000円~

ですが、遺品供養してもらいたい品の

  • 依頼する場所

でも変わってきます。

神棚や仏壇の遺品供養

神棚や仏壇を遺品供養のお焚き上げをする場合、開眼供養(魂抜き)を行います。これを行わないと、故人の魂を納めたまま処分することになるからです。

開眼供養は、最寄りのお寺に依頼できますが、仏壇店で開眼供養から処分まで行ってくれるところもあります。

また、神棚や仏壇の処分には、御魂入れという儀式が行われ、お玉串として3,000円~5,000円包むことが一般的です。

ただ、仏教徒でない場合や、浄土真宗では開眼供養を行わないケースもあります。

コラム一覧に戻る

お電話

メール

ページの先頭へ