お電話一本即日OK!

0120-769-739お電話受付時間 9:00〜21:00

見積もり・出張費用 無料 年中無休
追加料金なし 各種クレジットカードOK

コラム

福岡のゴミ屋敷と火事の問題

 

1.ゴミ屋敷から火事が発生することも

社会問題にもなっているゴミ屋敷。自分が住んでいる家や家族が住んでいる家がゴミ屋敷になって、悩んでいる人もいるでしょう。

ゴミがあふれ出した状態のゴミ屋敷は、火事を引き起こす危険もあります。ゴミが多いということは、何かに引火すれば火が回ってしまうのも早いということ。火の気は思わぬところにありますから、あっという間に火事の被害が広がってしまうことがあります。

自分が火を使わない限り、ゴミから自然発火することはないと思っているかもしれません。しかし、ゴミの中にライターやマッチがあれば、何かのはずみで火が付いてしまうことはあるでしょう。
日常的にガスコンロや暖房器具などを使うこともありますから、こうした火がゴミに燃え移ることも考えられます。とにかく、ゴミが多いということは、燃えやすいものが多いということですから、危険は大きいのです。

火事になると、自分にも命の危険がありますが、隣近所にも被害を及ぼしてしまいます。自分が生き残っても、他人の命や財産に被害を加えてしまえば、大変な責任を負うことになります。

ゴミ屋敷には火事の危険があることをしっかり認識することが大事です。危険を防止するために、すぐに対策をとるようにしましょう。

2.出火の原因

①ストーブからのゴミへ引火

冬になると、暖房器具からゴミへ引火して、火災が起こることがあります。現代では、暖房器具としてエアコンを使うことも多いと思います。エアコンの場合にはリスクが低いですが、石油ストーブは危険です。石油ストーブは火を使いますから、ゴミが押し寄せてきている部屋では、ゴミの一部がストーブの火に触れて引火してしまうことがあるのです。

また、電気ストーブにも危険があります。電気ストーブの近くに物があったり、ストーブ本体が倒れたりすると、火事になってしまう可能性があるからです。ゴミ屋敷にはたくさんの物がありますから、電気ストーブを置く場所もなかなかないでしょう。狭いストーブに電気ストーブを置いていた結果、ゴミが引火してしまうこともあります。

ゴミ屋敷のように、物がたくさんある場所では、あっという間に火が燃え広がってしまいます。気付いたときにはもう手遅れということになってしまいますから、注意しておかなければなりません。

②ねずみがコードをかじる

ねずみが原因で火事になることがあるのをご存じでしょうか?ねずみが原因で火事になるというのは、ねずみが電気コードをかじってしまい、漏電が起こるからです。ねずみの歯は非常に鋭く、電気コードも簡単にキズつけてしまいます。通常、電気コードは絶縁物質で覆われており、電気が通っても漏れないようになっています。しかし、絶縁物質にキズがつくと、コードの外に電気が流れ出し、漏電火災が起こるのです。

最近は、ねずみを見かけることが少なくなったので、まさかねずみが発生するとは思っていないこともあるでしょう。しかし、ねずみはエサのあるところには寄ってきます。ゴミ屋敷というのは、ねずみが喜ぶエサがたくさんある状態です。一方で、普段の生活ではたくさんの電気製品を使いますから、電気コードもいくらでもあるでしょう。ねずみがゴミ屋敷に住み着くことは普通にありますし、ねずみが住み着けばコードをかじって火災が起こることも十分あり得るのです。

③隣人トラブルからの放火

ゴミ屋敷で火事が起こる原因として、隣人トラブルがあります。ゴミ屋敷というのは、近隣住民にとっては非常に迷惑な事態です。ゴミが増えて、路上にまではみ出してしまうこともあるでしょう。隣の家の敷地内に入ってしまうこともあります。
ゴミがたまると、悪臭も発生します。悪臭は当然自分の家だけではおさまらず、周辺の家にまで及んでしまいます。

目障りなゴミや悪臭のために、周辺住民は日常生活がままならず、大きなストレスを感じていることがあります。隣人から苦情を言われても、すぐにゴミを撤去することができず、放置してしまっていることもあるでしょう。

また、ゴミの問題にかかわらず、隣人トラブルというのはあります。隣人から恨みや反感を買うと、トラブルになる可能性があるということです。一方で、ゴミが蓄積している状態というのは、放火しやすい状態です。隣人トラブルをきっかけに、ゴミに放火され、火事になってしまうことはあります。

3.火事が起こる前に業者に依頼

火事が起こると、大きな被害が出てしまいます。火事は、自分の生命や周辺住民の生命もおびやかすものです。ゴミ屋敷は、火事の原因にもなることをしっかり認識しておきましょう。

ゴミ屋敷を放置しているということは、火事になる危険が日に日に大きくなっているということです。火事はいつ起こるかわかりません。ゴミ屋敷の片付けには、1日も早く取りかかるべきです。

火事になる危険があるとわかっていても、ゴミ屋敷を自分1人で片付けるのは難しいでしょう。家族や友人が協力してくれれば何とかなるかもしれませんが、協力してくれる人が誰もいないケースもあります。

仮に協力してくれる人がいても、増えすぎてしまったゴミの片付けは容易ではありません。ゴミ屋敷の片付けは、専門の業者に依頼するようにしましょう。
ゴミ屋敷の片付けをしてくれる業者は、インターネットなどで探すことができます。費用が気になると思いますが、事前に見積もりをしてくれますので、複数の業者を比較検討して選ぶことが可能です。

火事は貴重な生命や財産を奪ってしまいますから、火事が起こってからではどうしようもありません。ゴミ屋敷で困っているなら、すぐに専門業者に相談しましょう。

ゴミヤシキ10

コラム一覧に戻る

お電話

メール

ページの先頭へ